画像の解像度について

Photoshop では解像度をppiで表します。ppiはPixel Per inch(pixel/inch)の頭文字です。1インチは2.54センチです。
よく使用されるdpi(dot/inch)と厳密には異なりますが、運用上は同じだと思ってかまいません。

解像度利用用途
72ppiWeb用でよく利用される解像度
200ppiポスターなら使える
350~400ppi
(400はカラーモード(CMYK カラー)で多く利用されます)
印刷用で利用される解像度

※解像度は目安であり、最終写真印刷物の品質を保証するものではありません。画像の解像度は実際に印刷されるサイズに対して、不必要に高いと、印刷用データを作成、編集する際にデータの処理速度が遅くなるなどの問題が生じ、作業効率を低下させることがあります。解像度を確認し、適切な解像度に調節しましょう。

メニュー「イメージ」→「画像解像度」を開くと、写真の大きさ、解像度が数値で確認できます。
適切な理想解像度は350dpiですが、例えば解像度が72dpiでも画像サイズが60cm位あり、実際に使用するサイズを12cm程度まで縮小して使用する分には計算上360dpi相当になりますので問題ありません。

等身大パネルの解像度について

等身大パネルの出力データを作成される際、解像度は150〜250dpi程度が推奨です。

画像解像度(dpi)の確認方法

デスクトップ上で画像のアイコンを右クリックし、
プロパティを開き、「概要」タブで確認します。
プレビューから「ツール」→「サイズを調整」を開き確認します。

この記事を書いた人