画像解像度のdpiって何?って話

 どうも、アルプスPPSの倉持と申します。
実は私、趣味でイラストを描いてまして、プライベートで同好の士に『そのキャラ、等身大パネルにしてみない?』と
持ち掛けてみたりと、自分の職を活かして色々交友の幅を広げたりしています。

 その際に時々話題になるのが解像度って何?dpiって言われても良く分からないんだよねという話です。
ある程度わかっている方向けの入稿時の注意点は以前記事を作ったのですが

↓↓↓

SNSで創作活動を始められたばかりの方等はdpiって聞いたことはあるけれど、
いざ実際に自分で設定しなきゃいけない、となってみるとあまり腑に落ちていない、
概念からわからないという方がいらっしゃいます。
そういった方の為に、本記事を書いてみました。

dpiについて

 まずdpiという聞きなれない単語についてですが、これは画面上1㎝の距離内にどれだけのドットが含まれているかという単位です
(ドットのことはピクセルと呼びますが、この記事ではわかりやすくドットで統一します)
例えば50dpiであれば縦横それぞれの1㎝の距離に50個のドットが含まれています。

 デジタルの画像は全て微小なドットの集合体で表現されています。
概念としては砂絵に近いです。このドットが細かく、小さければより滑らかな描画が再現できるということです。

 一般的には印刷に適したdpiはカラーなら300~350dpi,グレースケールなら600dpi、モノクロなら1200dpiと言われています。webデザイン等で使われる画像は72dpi等の低解像度でも、画面上で表示される大きさが小さいため問題はないのですが、
チラシや冊子の印刷では近い距離で見る事が前提のため、より綺麗な画像等が求められます。
ですので、インターネットで無料で拾ってきた画像は印刷では使えないという事が良くあります。
(印刷できないということではなく、印刷するとその画像の粗さごと正確に再現してしまうためです。)

 等身大パネル等のさらに大きなもののプリントですと、離れて見る事が前提だったりしますので、多少の粗さは気にならなかったりします。
高いdpiで等身大パネル原寸の大きさでイラストを描いてたりすると、PCがとてつもなく重くなって、フリーズの原因になりますので、

プリント時に多少の拡大する事を前提で大体150~250dpiで作成する事が一般的でしょうか。

私は90dpiで180㎝くらいの原寸で描いてますが・・・

画像は拡大すると粗くなる・・・

 

 次に、デジタル画像は拡大すると画像が粗くなる、また一度粗くなった画像はdpi設定を高くしても粗いままという事です。
何故なのか、という詳しい原理のところまでは分かりませんがデジタルの画像は拡大すると粗くなります。
先程デジタル画像を砂絵で例えましたが、これを拡大すると砂の粒ごと大きくなってしまうという事が起こってしまいます。

これにより、滑らかだった画像が拡大するとなんだかカクカクして見えるようになってしまうんですね。
また、こうなった後更にdpi設定を高くすれば滑らかに戻るのかと聞かれる事がありますが、こうなった後に設定を高くしても滑らかになることはありません。

この画像の様に粗い状態を維持したまま、高解像度になるだけです。

まとめ

 印刷物のデータを作成する時はその画像がどういう使い方をするかによって、最適な解像度が変わってきます。
どういう用途のデータを作成しているのか、最初に念頭に置いてから作成にとりかかるとスムーズに印刷まで移行できます。

この記事を書いた人

倉持 悠輔