再版・増刷での異なる仕上りに涙

同じデータのはずなのに、印刷の仕上り(色だけでなく質)が違うなんてことありませんか?

多店舗展開する印刷関連サービス会社では、店舗によって異なるメーカーの印刷機を使っていることはよくある話で、こちらは色調の統一についてあらかじめ保証をしていないことが明記されていたりします(オンラインでの注文時に「あっ」と驚く結果となった方、少なくないでしょう)。

また、大手が運営するネット印刷通販では、様々な下請け印刷業者に振り分けるため、同様、色調についての保証がなく、クライアント案件である場合など信用すら失いかねない事態となることも。

アルプスPPSなら安心!

アルプスPPSでは 再版・増刷時に備え、色調再現についての情報を3年間保管、前回と同じ印刷機で印刷して色転びがないよう品質管理を行っています。何よりの強みは自社工場においての内製化と協力会社の厳選で、かつ機械的な標準濃度管理にプラスして、職人の色感覚でデータに忠実な色の再現を心がけていることです。

品質に関することは可能な限り相談に乗り、許容範囲をあまりに逸脱したものに関しては柔軟な対応を行う姿勢でおります。定期的な再版・増刷案件は、アルプスPPSにお任せください

この記事を書いた人

alpspps_supporter